あとで見るに登録

このお母さんは娘の彼氏にマンコを深く突かれていた沢田さくら


時折、後ろめたさに手が震えることがある。僕は彼女に決してしてはいけない隠し事をしていた。それは、彼女よりも彼女の母親・さくらさんを好きになってしまったことだ。こんな感情もっちゃいけない。でも自分の感情に嘘はつけない。八方塞がりに陥っていたある日、彼女とさくらさんと3人で夕飯を食べることになった。そこで思いがけない告白を打ち明けられる。「ずっと君のことが好きだったの…」